« 2011年3月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年5月31日 (火)

涸沢再訪

2011年5月28日 S君がリーダーのウイチを偲んで、涸沢プランです。台風が近づいていますが、雨の上高地も良いものだとのリーダーのメールで決行。朝2時半起床、3時15分鎌倉出発。134号線平塚から厚木、4時15分相模湖ICから中央道に乗り、しばらく雨で暗い中を走ります。5時に諏訪湖SA、途中でリーダーより電話があり、もう上高地に着いているので先に出発するとのこと、これで急がなくてもよいので気が楽です。6時に松本ICで降り、7時過ぎに沢渡大駐車場一泊千円。支度していると隣の青年も同じスカルパの登山靴、奇遇ですねと話しかけると彼らも涸沢小屋に泊まるとのこと、ではご一緒にとタクシーに乗り込み、8時に上高地に着きました。4千円でした。Rimg0001 雨は止んでいるので軽装で向かいます。8時20分キタローを思い出す河童橋で。Rimg0004 新緑がきれいです。ウイチと一緒に来たのは6月だったので終わっていましたが、今回は一輪草の大群落が。Rimg0012 台風のせいか静かな上高地を堪能しつつ、9時50分徳沢へ。徳沢の流れには美味しそうなクレッソンが。テントもなく鳥の声だけが聞こえます。Rimg0013横尾への道を辿ると化粧柳がまだ赤い新芽もちらほら。蕗の薹も可愛い桜も咲いています。11時横尾でレーズンクルミパンにチーズのランチです。Rimg0015  横尾山荘はきれいに建て替えられていて明るい雰囲気に変わっています。避難小屋は元のままでありました。ここで変わったおじさんに話しかけられます。Rimg0024 12時横尾谷に入り屏風岩に滝が美しい。Rimg0028横尾本谷の眺め Rimg0029本谷橋12時20分、ここから雪になるが1週間前にも新雪があったそうなのでザラメっぽくアイゼンはいらない。テント行のお二人が装着していたのでお先に行かせていただく。雪のトラバースのところどころ夏道が出ている。新しい山靴が濡れもせずに快適です。Rimg0032 13時半涸沢カールに入る。小雨が降りだしたが、気にならない。Rimg0034 14時22分小屋に到着。Sリーダーのお迎え。Rimg0036 ウイチの写真を囲んで先に着いていたSリーダーとイクミとI君とクマと記念撮影。従業員の女性が親切です。生ビールが美味しかった!チョボの差し入れのケーキをいただき、濡れものを乾燥室に入れ、新しい小屋を見学しているとみんなお昼寝モードになってきました。一休みすると18時に夕食。沢渡からの青年二人と私たちだけの静かな小屋です。年上青年が放射能測定器をネットで購入したとかで、目が点になってしまいます。同じ神奈川県民のようでしたが意識の違いは年の差かしら?20時ごろまでおしゃべりし、Sリーダーのアマゾンで採れた木の根を浸したピンガを舐めたおかげか疲労回復は早かったみたい。Rimg0040 5月29日5時半起床。北尾根の8峰から1峰が見えます。岩を背負ったトトロが見えるかな。6時に朝食をいただき、コーヒーを淹れます。I君お持たせのグレープフルーツも豊かです。Rimg0041 小雨なので奥穂には登らずに下山します。ウイチのピッケルを持ったSリーダーを囲んで。Rimg0043 7時半出発しようとしたところ、うっすらと奥穂が見えました。ウイチまた来るからね。Rimg0044 穂高よー、さらば、また来る日まーで。登りでぐずったイクミも小雨降る中を快適に降りていきます。9時前に本谷橋で温かいカフェオレ、10時に横尾避難小屋でドイツのチョコレートをいただき、11時前に徳沢園。もうこの頃には雨具ではないスキー用上下の私はびしょ濡れ。寒いよ~!明神も止まらずに一路ギッコの待つ上高地バスターミナルへ。Rimg0047 12時15分に上高地に着いたギッコと合流して、まずは着替えたいと、タクシーに乗り込み、沢渡の大駐車場に向かい、木洩れ日温泉へ。びしょ濡れの衣服をはぎ取り、温泉に入ってようやくほっとしました。山菜のお浸し、天婦羅をいただき、17時のバスで東京に帰るイクミとI君と別れて、ギッコの友人のやっている乗鞍の福島屋へ向かいました。福島屋で乗鞍独特の白濁の温泉に入り、乾燥室に山靴からザックまで入れて、夕食に入ります。大雪渓の熱燗とおかみさんの美味しい手料理に舌鼓。馬刺しの脂身が炙ってあるのが美味。山ウドのきんぴらにウルイの木の芽和えが絶品でした。Rimg0049 5月30日曇り、時々晴れ。昨夜は20時過ぎにバタンキューだったので6時前に起床、温泉に入って朝の心地よい空気に体を伸ばす。7時半に豪華な朝食をいただき、乾燥室に入ってびっくり。山靴に新聞紙が詰められ乾かしてありました。おかみさんありがとう!息子さんに山菜のとれる場所を教えてもらい、膝の痛いギッコもプロテクトして裏山に入る。まあ、二輪草やらウルイやら山ウドが。コゴミはもう開いてしまったけれど蕨もあるし。おかみさんのしいたけ畑でしいたけや木の芽もいただきました。朝一番から前の畑の植え付けをなさっているし、働き者のおかみさんです。乗鞍岳も見え、山菜も採れて満足な二人。
12時過ぎになったので御池で山菜天ぷらと地鶏のつくねとお蕎麦をいただき、一路鎌倉へ。16時過ぎに相模湖駅で二人と別れ、18時に鎌倉帰還。さあ山菜と格闘です。ウルイの木の芽和えはなかなかうまくいきました。蕨は昆布〆にし、クマの好きなヨブスマ草はお浸しに。もうおなか一杯山菜食べて緑色人間になりそう。メンバーに恵まれ楽しいプランでした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年5月11日 (水)

十字峡から丹後山、大水上山

Rimg0005 2011年5月7日 晴れ 朝3時半に起床し、4時20分鎌倉出発。急に若い後輩たちが越後三山の最高峰中ノ岳を馬蹄形縦走するのを丹後山避難小屋で迎えようと残雪の山歩きに出かけることになりました。いつもの道が空いていて5時半前には関越道を走って、7時半に六日町IC、三国川ダムへ、ダム事務所前でK君に電話するともう5時から歩き始め稜線手前だそう。私たちも除雪終了地点4台車がある広場に駐車し、支度する。3年前に来たときは十字峡まで除雪されていたのに今年は雪が多い。Rimg0002 8時半久しぶりの山靴で出発。十字峡まで30分。十字峡のトンネル付近は結構な雪で林道が埋まっている。前回もビビったが今回はもっと傾斜のある雪が三国川に向かっている。アイゼンを付けるが、ここ本当に行くの?Rimg0003 ところどころデブリで埋められ、久しぶりのアイゼンワークに緊張する。川の濁流の音が恐ろしい。前だけ向いて川は見ないぞ。1時間半ほど歩くと単独行の方に遭遇。尾瀬から赤倉山、奥利根源流を渡渉するときに胸まで浸かったら流され、浅瀬に引っかかって助かったと、本谷山から丹後山避難小屋で昨日は泊まったとか。予備日まで使って帰りますと笑っていらしたが、凄い!10時半、2時間かかってようやく鉄砲隊らに到着。ようやく一本でアイゼンを外す。ここからが急登で、雪に埋まっていたり、夏道が出たりでつらい登りです。Rimg0038 ピンクと白のイワウチワ群落に慰められます。大きな松の尾根に上がると展望も開けてきます。カモエダズンネって何語?鎖場も過ぎ、残雪をステップを切って登ります。13時半ジャコの峰。Rimg0004 今日は避難小屋に泊まれると思うと、1400mの登りも耐えられるかなあ。Rimg0009 14時半中ノ岳がかっこよく見えています。風が出てきました。Rimg0011 15時半久しぶりの山靴ですが雪には耐えられなくて靴下がビショビショ、足が冷たくて何と攣ってしましました。先輩に教えられたようにそろそろ無理はせずにゆっくりと動かす。まだかなあ?Rimg0013 16時前にようやく避難小屋が見えてきました。アーよかった、温かい靴下に替えられるぞ。中には鳩待峠から平が岳を縦走してきたという単独行の男性と、十字峡からネコブ岳、下津川山と縦走してきた二人連れの2組がテントを張っていらしてゆったりです。私たちも早速ツエルトを張ってみました。Rimg0019 夕飯はオイルサーディンときゅうりのサラダにジェラに頂いたチャーシュウ入りのねぎスープと五目御飯です。小屋の前の雪を溶かして使用しました。きれいなものでした。
避難小屋で暖かかったのですが風の音がすごくてK君たちのテントが飛ばされないかと心配でした。
5月8日4時起床 曇りのち晴れ 風の音がすごいのですが、晴れそうなので贅沢チャーシュウ入りのラーメンをいただき、ミルクチャイをテルモスに詰めてK君たちを待ちます。荷物を詰め、小屋の掃除もして6時過ぎに大水上山まで迎えに行くことにします。Rimg0022 6時40分丹後山山頂。風がすごいです。Rimg0026 7時半大水上山山頂。雲が上がってきて平が岳方面も見えてきます。おーいK君たちヤッホー!叫びますが答えません。仕方ないので戻ります。8時半に避難小屋を出発。稜線の風は凄くてスキーだったら流されてしまいますぞ。Rimg0037 雪のステップ降下は楽チンなのですが、夏道は枯葉で埋まっていたり大変。ようやくイワウチワの群落です。Rimg0039 11時半鉄砲平に到着。アイゼンを装着し、また雪のトラバースです。前日より雪解けが進んでいます。13時に駐車地点に到着。着替えているとダム湖の向こうから二人が!K君たちでした!Rimg0042 9時に避難小屋だったそう。もうちょっと待っていればなあ。新入社員の初月給で購入したという山靴を拝見。いいなあ。これなら濡れないかなあ。
五十沢温泉500円で気持ちの良いかけ流しです。さっぱりして若い二人は山荘へ。私たちは山菜摘んで帰りましょ。五十沢から雲洞へ抜けるトンネルができたらしいのでそこを通ってみます。新潟の公共事業ですなあ。誰も通っていないトンネルを金城山の下に開けてしまうのですもの。鹿小屋さんのおそばをいただきに。コゴミのおしたしに山菜の天婦羅、河鹿の空揚げが美味しかった!残念ながらお蕎麦はもう一つでした。ご飯のほうがおいしかった。18時に塩沢から関越道に入る。空いている。途中埼玉に入ったところで猛烈に眠くなったので仮眠をとり、23時に鎌倉に着きました。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 9日 (月)

昼闇山スキー

2011年5月3日 晴れ 5時起床。ジェラやクマは温泉に入ってたそう。おにぎりを持って、乾いたシールを張ったスキーを担いで焼山温泉の前の林道を登ります。林道の除雪終了地点で栃木ナンバーの車が駐車していて男性二人がシールで登っていきます。6時半に私たちもシール登行開始。今日はザックも軽いので楽チンです。Rimg0028 ジェラもシールに慣れて快調です。Rimg0031 烏帽子岳、阿弥陀山が目の前です。Rimg0033 のんびりとした林道沿いに春山を満喫です。8時、橋のたもとで朝食をいただきます。Rimg0034 9時にアケビ平に回り込み昼闇山が見えてきます。Rimg0039 10時に昼闇谷の西尾根に取り付きます。昼闇谷のところどころにデブリが見えます。Rimg0043 Rimg0047 尾根を快適にシールを聞かせて登ります。憧れの海谷山塊の真っただ中。Rimg0054 傾斜がきつくなってきました。クラストしていないのでクトーはつけません。Rimg0057 ついに傾斜がきつくなりすぎて担いじゃいました。Rimg0060 12時25分1600m迄登りました。昼闇山への尾根は細いので今回はここまでとします。さあシールを外して滑降準備。ピンスケ、ジェラが気持ちよさそうに舞っていきます。Rimg0064 Rimg0093 Rimg0101 ジェラは30年ぶりのスキーとはいってもさすが華麗に滑っていきました。Rimg0112 13時半昼闇谷と別れて林道に入り、14時半には宿に帰り、温泉に浸かって、糸魚川へ向かいました。糸魚川にチェックインしてお楽しみのすし活へ。ホタルイカの沖漬、白エビのお刺身、ヒラメの子の焼き物、ヒラメの皮のあぶったものが美味しかったなあ。謙信の熱燗で結構な宴会となりました。翌日大阪に帰るジェラと別れて、能生の魚市場へ。アンコウの小型版ゲンキとナマコ、バイを購入して長野道に乗り、渋滞の関越から246でピンスケ宅へ。ともちゃんからスズランと可愛い自転車に乗ったバラの花をいただき、感激でした。スズランは鎌倉の斜面に植えました。懐かしい面々と楽しい山スキーができた幸せを感じたプランでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

焼山スキーツアー

2011.4.29 朝9時過ぎに鎌倉を出発。第三京浜の都筑インターからピンスケ宅へ。久しぶりにともちゃんの笑顔に会え、10年ぶりのモモちゃんにも会えました。さあ長旅です。東名の用賀から環八へ。関越道は練馬から渋滞です。久しぶりのピンスケの話に渋滞も忘れて、藤岡JCから長野へ。ここも渋滞中。浅間山の雪も少なくなっています。ジェラからもう富山なので奴那姫をゲットして、温泉に浸かっているとのこと。糸魚川の手前能生で降りて17時に焼山温泉に到着。まず温泉に入り久しぶりのジェラとビールで乾杯。今日は奴那姫と日本海のお肴です。蕗の薹の天婦羅とホタルイカの沖漬が美味!スキーにシールを張って明日の用意です。

4月30日 曇り。今日は焼山の北面台地までなのでゆっくり出ます。7時に朝食をしっかりいただき、テルモスにお湯を入れ、8時にお宿の車で焼山登山口まで送ってもらいます。テント行なのでシュラフに食料が重いよ~。クマはその上にテントとコッフェル!Rimg0001 ジェラは新しい山スキー道具一式での初シール登行です。ピンスケは2年前の入院、リハビリからの本格的山行です。まずTLTのまわし方から、ストックで回すのよと言ってる私が回せません。あらまあ。最初の九十九曲りが曲者でシール登行30年ぶりのジェラが苦戦します。あらまあストックが折れちゃった。急遽ペンチで補正して、ホワイトテープで補強します。何とか急登も過ぎ、台地に出たのが10時半ごろ、上から山スキーヤーが下りてきます。上はすごい風だとか?Rimg0004 まだ実感はなく、ジェラもシール感覚がつかめたようで、サクサクと登っていきます。Rimg0009 病み上がりのピンスケはどんどこ行ってしまいます。まだ青空も見えているし。Rimg0010 11時半にアマナ平。鉾が岳方面が見えています。Rimg0015 山スキーヤーが次々と降りてきます。稜線はすごい風だそうです。Rimg0018 12時過ぎに雷と雨まで降ってきました。まずはツエルトで雨宿り。雷がやんだのでもうここでテンパろうと決め、テントの中へ、雨は止みません。パンにチーズを食べていると?Rimg0021 突風に襲われ、ポールが折れちゃった!これはアカン、まだ14時半なので撤収して降りることに。15時にスキーで降り始めます。苦労して登ってきた九十九曲りもあっという間に。途中で焼山温泉に電話を入れると今日は満室とか。クマに粘ってもらい、素泊まり朝食付きで一部屋ゲット、登山口まで迎えに来てくれました。まずは温泉に入ってびしょ濡れのものを乾かし、お宿の庭でカキの燻製ときゅうりサラダ、五目飯とキムチ鍋で宴会です。Rimg0022 5月2日 小雨のち晴れ おにぎりの朝食だったのでロビーにお茶とジェラお持たせの京都の千枚漬け等で優雅にいただき、停滞日なので越後八十八ヵ所巡りに向かう。途中の河原で極太のコゴミ、蕗の薹を摘み、田舎道を月不見の池方面へ。八十八か所は看板だけで誰もいません。行くの?スニーカーで?雪割草や一輪草の可憐さに誘われて、鬼押し出しのような森に入っていきます。岩がえぐられて大日如来やらの仏様が鎮座しているのですが、進路という案内板が曲がっていたり、雪が解けたばかりで踏み跡が消えていたり、鎖場があったり、岩の下をもぐったり、2時間半もさまよって、ようやく出口へ。途中の郷の駅でクレッソンやら地酒月不見の池をゲット、ビールも買って月不見の池へ。ちょうど池の弁天様の前の東屋に誰もいなくてお座敷天婦羅をすることに。すると傍らの家から女性が池の磐余を教えてくださり、2時から弁天様のお祭りに神主さんが来ておはらいをするとか。それまでゆっくり楽しんでと言われて摘んできたタラの芽やコゴミ、蕗の薹の天婦羅をピンスケが揚げてくれてまたまたおいしい宴会となりました。明日は昼闇山です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年7月 »