« 2011年1月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年3月 8日 (火)

東谷山スキー本番 神楽中尾根スキー

2011年3月4日 浅貝、豊島ロッジに昨日からドテ先生、チョボ、クマ、アカズで泊まっています。無理をお願いして朝食は6時半からにしていただき、しっかりいただきました。天気予報では曇りのち晴れ。まだ小雪が舞っていますが青空が見えてきました。茂ちゃんが送迎してくださるとおっしゃるので、ヤッター!さくさくと用意をして二居の見晴らし屋の前まで送っていただく。0002 8時出発。まったくトレースがありません。昨日までの雪が50センチは積もったでしょうか、膝までのラッセルですが、雪が軽くてそれほど大変ではありません。だんだん暑くなってきたぞ。3月にこんなに雪が降ってくれて、気温も低く、山スキー日和となりました。9時過ぎに二居峠の東屋が見えてきました。東屋で休憩していると単独行の人が到着。ここまでのラッセルを感謝されました。今日は東谷山から北西に滑るそうで、私たちと同じ貝掛に出てバスに乗るそうです。この先のラッセルを買って出てくれたと思ったら最初の急登で消えた?雪庇から落ちで這い上がってきました。気を付けて!そこに6人パーティが到着。0004温かいコーヒーを飲んで、 9時半に私たちも慎重に登り始めます。ドテ先生は52年前にスキーで浅貝から湯沢までツアーをし、その時はバス道は冬季通行止めだったので二居峠に登ったそうです。貝掛への道標があります。0005 10時過ぎには雪庇の美しい尾根道に出ますが、風が雪を飛ばしていて樹林に入るとクラストしています。スキーアイゼンだったら楽かも。結構な急斜面では新雪が落ちてしまいクラスト斜面がいやらしいので、スキー板を脱いで登る。若者のスキー単独行が抜いていきます。ようやく青空の尾根歩きになったのが12時半。パンにチーズを付けてお昼とします。中年のおじ様二人が登ってきました。急登ではやはり苦戦しています。000614時過ぎに頂上が見えてきました。素晴らしい景色です。平標を隠していた雲が飛んでいきます。0007 頂上に14時半到着!75歳の初登頂です。日白山の頂が輝いて、単独行のトレースが続いています。ほかの人たちは北西尾根か沢のほうへ滑り降りていて私たちだけの静かな山です。0008 シールを外し、スキーモードにして出発。15時樹氷の林を快適に滑り降りていきます。北西尾根には誰のトレースもなく、素晴らしい雪です。チョボが舞っています。途中から沢に入り、重くなった雪に足を取られないように休憩。茂さんに電話して16時半に貝掛上に迎えに来てもらいます。クマの地図読みはばっちり、鉄橋に出て、17号線で車に乗せてもらい、ロッジに帰りました。9時間近くスキー靴を履いていました。お疲れ様!お風呂に入り、チーズフォンデュと生ハムを肴に生ビールで乾杯。先生はウーロン茶。鶏肉のトマトソース焼きをいただき、梅酒ババロアをいただくともう眠くなります。コーヒーを飲んで雑談して、おやすみなさい。

2011年3月6日 快晴 もう行くしかない。神楽へ。第5リストも動いているそうです。和食定食をいただき、スキーシールをザックに入れて9時半ミツマタへ出発。もう結構駐車しています。シニア割引券を購入してロープウェーへ。リフト、ゴンドラを乗り継いで第5リフト上へ。このリフトに乗るのは初めてかな?いつも止まってて、今日は楽チンです。11時にシールを付けて出発。中尾根を目指すことにします。もう昨日からのシュプールがたくさん入っています。0009 春の日差して暑いこと、先生は半そでシャツ一枚。雪庇の上に出ると苗場山、妙高が美しい。0010 12時半に中尾根のぴょこでアンパンをいただきます。おいしいなあ!0011 シールを外して、中尾根の北斜面を滑ります。なかなか良い雪です。この斜面の下でスキーが外れて、ここ掘れわんわん。手の下に埋もれていました。やはり新雪のときは流れ止めが必要かな、サーフィンのルーシュがいいかも。長い斜滑降でゲレンデに出る直前にギッコたちと遭遇。あらまあ、奇遇ですなあ。再会を喜び、ゲレンデに出て、駐車場までチョボに教えてもらったようにストックを前に前に気を付けてあっという間に終了。豊島ロッジで温かく迎えていただき、お風呂に入り、プリンやチーズケーキをご馳走になって、おばちゃまの元気な笑顔にお別れし、16時出発。月夜野でお野菜を購入し、のぼとけ蕎麦をいただき、さあ関越にと思ったらまだ大渋滞。17号線で前橋まで出て、3車線になったところで関越に入り、目白に22時過ぎ。奥様にご挨拶して、経堂に22時半。鎌倉に23時半に着きました。92歳の母のカレーを少しいただき、おやすみなさい。3月とは思えない素敵な山スキー行でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 3日 (木)

東谷山スキー調査行

2011年2月27日 東谷山 登り(シール)3時間半 降り(スキー滑降)1時間15分

6時半起床。快晴。7時半に朝食を早くしていただき、テルモスにコーヒーを詰めて、紀子さんから昼食のチーズまでいただき、快晴の二居へ。二居で駐車場を探していると、宿場の湯で団長に遭遇。朝8時半ですがもう温泉はやっているそう。向かい側の駐車場所を教えてもらう。団長はお元気そう!ここでシールつきのスキーをザックにくくり、歩いて見晴らし屋の前の二居峠登山口へ。9時過ぎにシール登攀開始。林道を登ります。初めは杉林ですが、途中からブナとダケカンバの明るい林になってきます。Rimg0054 9時50分二居峠に到着。暑いぐらいですが、峠の風が気持ち良い。国道17号線が下に続いています。前日のワッパの跡が続いています。最初は急登ですが、ダケカンバの林の中を行きます。Rimg0057 林の切れている雪庇の横を快適に登ります。途中から雪が固いのでクトーを装着。Rimg0064ダケカンバが美しい。今日は気温が高いので樹氷が下に落ちてしまっています。Rimg0063 狭い尾根を登り、木につかまって越えたり、結構難儀な場所もあります。Rimg0065 12時近く、もう頂上はそこです。Rimg0075 誰もいない頂上。ワッパの人は日白山に向かっている跡があります。谷川連峰の最高の展望台です。平標をバックにレーズンクルミパンにチーズが美味しい!コーヒーを飲んで、周囲の山々を堪能。日白山に続く稜線です。Rimg0072  さあシールを外して滑降モード。13時尾根を少し戻り、雪のよさそうな北西斜面を貝掛方面の向かいます。Rimg0082 ブナ林が美しい尾根を滑降。初めは良い雪質で浮いたかなと思えたのですが、クラストしているところもあり気が抜けません。Rimg0080だんだん雪が重くなってきました。尾根が分かれています。クマは尾根沿いに行ったのに急なので私は沢へ入ってしまい、別れるなよと怒られます。木々の間を快適にスキーを走らせ14時に鉄橋が見えます。 登りついて17号線へ。すぐ下200mのところに貝掛バス停があるそうです。キョロキョロしていると大型車が停まってくれて、「どこへいきますか?」「二居に車を置いてあるので」というとどうぞ乗ってと。親切な二居のロッジCATINN?の方でした。ありがとうございました!2時半ですが、渋滞につかまるのは嫌なのでそのまま関越道へ。せっかく早く出たのですが、もう月夜野から渋滞!練馬まで渋滞なので鶴ヶ島で降りて圏央道で八王子へ。21時に鎌倉に帰り着きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 2日 (水)

浅間山スキー

2011年2月26日 4時半に鎌倉を出発。八王子経由で鶴ヶ島から関越道に入るがもう渋滞が始まっている。園長に借りたGPSを操作。浅間山にフラグを立て、ナビモードにと奮闘しているうちにもう藤岡ジャンクションを過ぎ、軽井沢方面へ。峰の茶屋から有料道路に出てみるが、小浅間を過ぎると雪原が続き、ワカンの跡が沢山ついているが駐車場がない。戻って峰の茶屋に駐車。ここにはトイレもある。道路を渡って夏道沿いにシールで歩き始める。10時。

Rimg0011 ここしばらくは雪が降っていないようで、かなり雪はカリカリしている。クトーが必要かも。Rimg0015 10時50分風が出てきた。頂上はかなり雪が消えていて最初の台地も雪がつながっていなくてスキーを脱いで渡る。コーヒーを飲んで次の台地を目指す。Rimg0031 1900mの台地で強風で指がかじかんでくる。吹き飛ばされないように押さえながらシールを外し、滑降へ。

Rimg0041 新雪だったらどんなに素敵でしょう。クラストバーンで太腿が痛いよ~!樹林帯に入るとズボ足で歩いた人の足跡が深く、道幅もなくスピードを殺すのに悪戦苦闘。藪がうるさいので逃げられないし、14時峰の茶屋に到着してホッ。Rimg0047 誰もいない浅間山でした。北軽井沢から中之条に抜けてヤン場ダムの新しい道路を通って月夜野に。猿ヶ京温泉の共同風呂いこいの湯を探し、ようやく鄙びた小さなかけ流し温泉に到着。地元のラーメン屋のお姉さんが親切にシャボンを貸してくれて、水上から毎日通っているというご婦人がおいしい食堂姉山を教えてくれてそこの女主人ともお風呂仲間になりました。5月の桜の季節に姉山に行ってみましょう。団子汁や採れたて野菜がおいしいそうです。お風呂を出て浅貝へ。豊島に到着するなり、24日のお昼に苗場のゲレンデが雪崩れた跡を見せてもらいました。底雪崩れだったそうです。金曜日の夜に20センチ雪が積もったのであまり土は見えませんでした。今日は長いドライブだったし、クラスト斜面に気を使ったしで生ビールでクワトロフォマージユと茂ちゃんの生ハムをいただき、赤ワインを飲んでロールキャベツを食べるともう眠りに誘われています。おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年5月 »