« 南アルプス夏合宿 大武川遡行 | トップページ | 雑魚川外ノ川沢・栃川・大源太北沢 »

2010年9月 9日 (木)

9月の清水丸ノ沢

2010年9月3日 晴れ あまりの猛暑にこれはもう山へ行かねばと、沢靴と自転車を積んで朝5時半に鎌倉を出発。八王子から圏央道経由で関越道へ。渋滞もなく塩沢ICに8時半、9時過ぎに清水に到着、あらまあ暑いこと!?

林道ゲートにはコンクリートミキサー車が、11月まで堰堤工事だそうで車はゲート脇に駐車するようにとのこと。自転車を下ろし、沢靴を履き、いざ出発。テントとコッフェルを持ったクマはどんどん登っていくし、食料一式持った私は重くて自転車がフラフラします。

林道脇の冷たい湧き水が美味しかったこと!クレソンの苦味が心地よい。工事トラックの道と離れて、登川本流で少し遊ぶ。清水峠方面の堰堤脇に自転車をデポ。6月に来た時には登川の橋はなかったけど、今回はコンクリートの筒が6個並べて橋となっています。謙信尾根道と分かれて丸ノ沢に入ります。せっかくの静かな流れもトラックの音が聞こえるし、水量もかなり少なくなっていました。Rimg0570 ビールと白ワインを沢で冷やし、早速焚き火です。これで虫はいなくなります。木は豊富ですし、夏草を刈って、ごろごろ石の河原のクッションとします。クマが釣り上がって、何匹か遊んでくれたようです。塩して、遠火でじっくりと焼きました。宮崎の新米と夏野菜カレーに夏サラダ。河原の風が気持ちよい夕暮れです。やはり新潟も暑いのでシュラフカバーもいらないぐらい。夜半にパラパラッと雨が来ました。

9月4日 晴れ テント等をデポして丸ノ沢を遡行します。今回は私も振ってみましたが、糸はからまっちゃうし、枝に針が取られちゃうし、なかなか上手く行かないものです。楽しみながら遡行するうち、9時半に岩魚止めの滝。ここでクマは大物をしとめました。Rimg0584 お腹を出して塩をして熊笹に包み、持ち帰ります。雲の割れ目から、形の良い太源太山のギザギザが見えています。沢を気持ちよく降り、テン場へ。片づけをして、ザックを背負い、途中で自転車にまたがり、湧き水のところまで登ります。クレソンと湧き水を背負い、自転車でガタガタ下りますとあっという間に清水に到着。車に積み、沢靴を脱ぎ、支度していると11時半。お昼はやはり上田屋の山菜だらけ蕎麦でしょ!ご主人女将さんも元気そう。この暑さは珍しいとおっしゃってます。お母ちゃんが帰りに出てきて、摘み菜と糸瓜を持たせてくれました。ありがとうございます!!翌日、菜飯、糸瓜とエビの三倍酢にしてみましたら、美味しかったこと!糸瓜は輪切りにして種を取り茹でると外の皮が取れて糸が出てくる面白いお野菜でした。18時半猛暑の鎌倉に帰宅。お疲れ様でした!

|

« 南アルプス夏合宿 大武川遡行 | トップページ | 雑魚川外ノ川沢・栃川・大源太北沢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月の清水丸ノ沢:

« 南アルプス夏合宿 大武川遡行 | トップページ | 雑魚川外ノ川沢・栃川・大源太北沢 »