« むらき&平標山スキー | トップページ | 鍋倉山スキー 佐渡山スキー »

2010年2月22日 (月)

岩菅山スキー

2010年2月19日 KWV三田会発哺スキー合宿に参加のため、稲村5時36分発の江ノ電に乗り、大船で従妹と合流して池袋へ。7時半にバスは動き出し、12時に志賀高原発哺温泉に到着。予想に反して晴れ!
2時半40年ぶりのノリヘイさんのシール予行演習と明日の偵察のために寺子屋ゲレンデトップよりシールを着けてチョボと3人で登り始める。Dsc04537一昨年雪の降る中をエンチョーと来て吹雪となって敗退した斜面も過ぎ、ディアミールの高さ調整や、靴のモード切替を覚えながらクリスマスツリーから細かい氷柱のオーナメントの輝く森の散歩です。1時間ほどトップを行くチョボのラッセルも軽やかに寺子屋峰過ぎたあたりでお茶にしました。ノリヘイさんもチョボにどんどんついてのシール歩行なので結構なペースでした。今日の偵察はここまでにしてシールのまま下り、登り返してシールを外してゲレンデまで滑り降りました。

2月20日 6時起床。晴れ。体操をして7時過ぎに朝食。お宿でお握りを作っていただき、テルモスにココアを入れて、薄く新雪の積もった寺子屋スキー場ゲレンデトップへ。今日はホリさんも昨晩着いて4人です。Dsc04542 9時半シールをつけて登攀開始。雲が少し出ていますが、無風です。ゲレンデの仲間と別れて、静かな森の中を登って行きます。
昨日のトレースがあるので快適に進めます。

Dsc04543 アラマア、朝からホリさんの携帯が鳴っています。ハワイからなので時差のせいで朝になるそう、国際派です。僕はゲレンデ優雅に滑走しているはずだったのだけれどナ。。。。Dsc04547_2 稜線上に出ても南面は雪庇で要注意!樹間を抜けるのに苦労したり、枝に引っ張り上げてもらったり。腕力勝負の場面も度々。? ここまで来れば岩菅山が面前に美しく聳えています。南には昨夏に野反湖から辿った魚野川源流です。ドロップインしたくなるような斜面です。Dsc04548 あの山越えてまた越えて、トレースだけが続きます。もう12時過ぎ、風の出てきた稜線の木の陰で梅干のお握りの美味しかったこと!温かいお茶も飲んで、もう一頑張り、高下駄状態で滑りにくかったノリヘイさんにシールワックスをかけてもらい、あと三瘤越えるかな?Dsc04550 習うより慣れろでシールの上り下りが随分スムーズです。Dsc04554 13時半にようやく頂上直下の広場です。出発が1時間早ければあの頂上まで行けたのに、曇ってきて雪も降ってくるし、焼額山が見えなくなると困るので今回はここからドロップインです。真直ぐハシゴ沢に向けて樹木のない斜面を滑降するはずが、樹林の中に入ってしまい、何処が樹木がない斜面なのかトンと出てこない。まいったな、樹木の間を何とかトラバースして広い斜面を探すが見当たりません。
Dsc04555

Dsc04557

シュプールに出会い、ほっとしますが、いいのかな?地図と地形を比べても1893のピークらしきところを通過。どんどん樹林の中を下って行きます。スキー滑降というより横滑りキックターンで樹にぶつからないようにするほうが先決。怪我のありませんように!アライタ沢らしき地形に出て、林道にぶつかり、スキーのまま歩き、雑魚川を渡渉して、スキーを担いでホテル裏に出て4時半ようやく焼額ゴンドラ前のバス停に到着。5時過ぎまでバスがないので発哺の仲間に無事の連絡をして、満員バスに揺られての帰還でした。Dsc04559 お疲れ様、4時間シール登行3時間の降り。懲りずにまた行きましょうね!Dsc04568 翌日の岩菅山

|

« むらき&平標山スキー | トップページ | 鍋倉山スキー 佐渡山スキー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩菅山スキー:

« むらき&平標山スキー | トップページ | 鍋倉山スキー 佐渡山スキー »