« 五月の湯殿山スキー | トップページ | 奥利根 ヘイズル沢偵察行 »

2009年5月11日 (月)

快晴の鳥海山スキー

2009年5月5日 関谷君お誕生日おめでとう!

酒田旅荘に6時起床。ブルーライン開通が8時なので朝食前に酒田のまちを散策、目の前の川を渡り、山居倉庫に行くと、ケヤキ並木の緑と黒屋根瓦の風情が美しい。Sakata4 Sakatajinnjya Sakataminato 港まで歩いて飛島フェリー乗り場。いつか飛島も行ってみたいものです。魚市場を覗くと桜マスが並んでいます。宿に帰り、7時に朝食を頂き、さあ鳥海ブルーラインに向かって走ります。青空の下に鳥海山が美しく輝いています。Fukinotou Tyoukaisan1

2mの雪の壁の下に蕗の薹が顔を出しています。今晩の宿の大平山荘を過ぎ、路肩に駐車している車を見ながら鉾立山荘駐車場に。9時半スキーをつけて出発。10人ぐらいの人がスキー登山です。夏道に出るとスキーを脱ぎ、スキーを担いで夏道沿いに行くグループもいるが、シールのほうが嬉しいので賽の河原までトラバース、吹浦口方面からの登山者の列が見えます。暑いぐらいで水分を取ります。Tyoukai2 扇子森があるのでまだ鳥海は見えません。11時40分御浜小屋に到着。20人ぐらいが休んでいます。地元の人はここで色んな斜面を楽しんでいます。宴会をしている人を横目で見つつ、まだ遠い鳥海山新山を目指します。扇子森Senjyataniをのっこし、シールのまま滑降して御田ヶ原分岐で縦走スキーヤーに千蛇谷の様子を伺う。地元の方々がスキーを足代わりに楽しんでいる山の様子が伺えました。彼らも最高の天気だと話していらして嬉しくなります。七五三掛まで行くと千蛇谷に急なトラバースルートが切ってあり、ヘルメットにアイゼンを履いた4人グループが来ます。クラストしていないのでアイゼンなしで、スキーを担ぎ、千蛇谷へトラバース。結構な急斜面をトラバースすると13時に千蛇谷です。ボーダーが二人アイゼンを履いて登っていきます。お昼を食べて、シールを効かせて新山を目指します。14時半Tyoukaityoujyou 新山直下の岩場にスキーデポ。岩場が多くてどれが頂上かしら、ようやく標識を見っけ。誰もいない新山でした。七高山の頂上の人たちがよく見えます。中島台への斜面もよく見えます。千蛇谷から中島台へ8キロのロングスキーツアーが出来るそうです。

Tyoukai4   Dsc0406615時さあ新山からの滑降です。長い千蛇谷も快適なザラメです。トラバース口まで降り、スキーを担いで七五三掛へ。扇子森の登りが待っています。ヘルメットが暑い。こりゃ参った!スキーを担いでツボ足で登ります。オーイ待っとくれ!

Sinzan2

Sennjyatani2 Tyoukai6 16時15分今シーズン最後の滑りです。気持ちのよい斜面と雪なのに、長い登りで足がクタクタ。ブルーラインの閉門が17時なのですが、大平山荘泊まりなので気にせずに済みます。気持ちよく滑って夏道の東側に出てしまったのでスキーを脱いで夏道をのっこしヤブ漕いで西側に滑ります。道に出たので、2mの雪壁を木にぶら下がって着地。クマさんが駐車場まで車を取りに行ってくれました。お疲れさま!17時前に大平山荘に着き、チェックイン。スキー靴を乾燥室に入れて、日本海に浮かぶ飛島を見ながら大風呂につかります。Tobisimayuukei

生憎うす雲が出てしまったのですが、日本海に沈む夕日と飛島です。夕焼けを見ながら酒田料理を頂きました。大平小屋泊まりのスキーヤーも居るらしく小屋の前にスキーが挿してありました。連ちゃんの山スキーで瞬く間に眠りに入りました。Tyoukaienbou2

翌日の月光川沿いの田園風景と鳥海山。

|

« 五月の湯殿山スキー | トップページ | 奥利根 ヘイズル沢偵察行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 快晴の鳥海山スキー:

« 五月の湯殿山スキー | トップページ | 奥利根 ヘイズル沢偵察行 »