« 4月末新雪の焼岳スキー | トップページ | 五月の湯殿山スキー »

2009年5月 1日 (金)

霧氷の乗鞍岳剣が峰/山スキーとアイゼン登攀

2009年4月28日 快晴 オレンジペコの樽風呂で眠気を覚まし、8時に朝食。名古屋コーチンの卵が2個も目玉焼きになっています。昨晩の鴨鍋の雑炊も美味しそう。お腹一杯食べて、乗鞍岳に出発です。マスターのアイスバーンが緩むようにゆっくり行ったほうがいいというアドバイスに従い、9時に三本滝です。駐車場には10台ほどの車が停まっています。シールを貼り、営業の終わっているゲレンデからの出発が9時半。2日前の降雪で一昨年の5月より雪で覆われています。Dsc04009 まぶしい青空の下に目指す剣が峰が輝いています。

Dsc04011 11時半に位ヶ原の分岐で昼食。パンをほおばります。大汗をかいて、登っていると、スキー慣れしたおじ様が一人滑ってきます。その後ボーダーが一人、おはようございます!位ヶ原山荘で泊まり、今朝はクラストしている朝日岳にシュプールをつけてきたとか。ヤマケイの取材班の人たちと一緒だったとかで来年の3月号の掲載されるかもとのこと、楽しみにしています。絵に描いたような好青年でした。12時半まだまだ遠いです。Dsc04012 Dsc04013南アルプスから八ヶ岳まで展望できます。朝日岳の好青年の描いたシュプールが美しく見えてきました。

13時半雪の状態がよいので肩の小屋は目指さずに直接剣が峰のカールに向かいます。Dsc04014 シュプールはありません。登山者が3名肩の小屋方面から降りてきます。Dsc04016 カールの途中の大岩の下で、スキーをデポ。アイゼンをつけてピッケルをもって県境尾根に突き上げ、頂上を目指します。Dsc04019誰もいない稜線につがいの雷鳥が迎えてくれました。15時5分頂上3025mです。乗鞍本宮奥社の鳥居がエビのシッポで美しく、その間から穂高が見えます。頂上で記念撮影をし、さあアイゼンで降ります。雪はクラストして固い上、斜度もあり、カールの底まで真下に見えるので恐怖感もありましたが、アイゼンのツァッケが気持ちよく効いて問題なくスキーデポ地点まで辿りつけました。 雲が出て、少し雪が舞ってきました。スキーに履き替え滑降です。

Dsc04027

カールは気持ちよく滑れたのに、気温が下がって斜面が硬くなり、ガタガタ雪に苦労します。登りで体力使い果たした身にはちょっとした凸凹でも踏ん張りが利きません。お昼なら快適に滑れたのに雪の状態はママならないものです。Dsc04032

16時半最後の一本、チョボ差し入れのチーズケーキを紅茶と頂きます。さっき居た剣が峰がはるか遠くに見えます。足はガタガタ雪はカタカタ、何とか無事に17時に三本滝駐車場に滑り込みました。除雪車が作業を終えて帰って行きます。

オレンジペコにお別れし、湯けむり館で汗を流し、牛乳が美味しかった。さあ帰路につきます。19時に波田のアップルランドでお土産を買い、松本のイタリアンYosihiro?で美味しいピザ、ニョッキを頂きます。サラダも美味しく、ワインが飲めないのが残念。白鳥の絵を描いてくれたカプチーノをいただきました。ゆっくり食事を楽しんで、22時過ぎに中央高速に乗り、諏訪湖SAで休み、ETC休日割引1300円で高井戸を出ました。29日の1時半に経堂でチョボと別れ、2時半に鎌倉到着。クマ運転お疲れさまでした!チョボ笑顔をありがとう!天気に恵まれ、ラッキーな4月末の山スキーでした。

|

« 4月末新雪の焼岳スキー | トップページ | 五月の湯殿山スキー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霧氷の乗鞍岳剣が峰/山スキーとアイゼン登攀:

« 4月末新雪の焼岳スキー | トップページ | 五月の湯殿山スキー »