« 2008年末上州武尊山スキー | トップページ | ニセコアンヌプリ、イワオヌプリ山スキー »

2009年2月 2日 (月)

2009年丹沢広沢寺から大山 霜柱ワンデリング

2009年1月11日(日)朝6時に鎌倉を出て、朝焼けの中海沿いの道を丹沢に向かう。富士山が美しい。丹沢の頂きも金曜日の雪が残っている。本厚木でKai君とK君と合流し、広沢寺のロックガーデンでアイゼンワークを見せてもらう。

Dsc03847   Dsc03851朝の陽が射すロックガーデンDsc03848  アイゼンをつけての登攀 Dsc03854

1月の寒い朝にもかかわらず、軽装で登り始める若者たち。アイゼンワークは冬の八ヶ岳の為のトレーニング。沢登で岩をへつる事はよくあるが、アイゼンをつけて登るのははじめて見る。岩と金属の磨れる音が耳に残る。実施に使うことを想定してのトレーニングだがハラハラしてしまう。凍った岩と、雪が混ざるともっと難儀だ。無理せんでなあ~。

11時前まで見せてもらい、雪の尾根を踏みに大山方面に向かう。弁天岩を通り、弁天の森キャンプ場から霜柱の道を尾根に取り付き、唐沢峠と大山の鞍部に出る。Dsc03857

Dsc03860 Dsc03864 Dsc03858 秦野の町から横浜方面まで見晴らせる。13時になるので急いで降りる事にするが、細尾根がだったり、松林が続いたり静かな丹沢散歩です。走って降りて14時になってしまったが、若者はまだトレーニング中。Dsc03866 Dsc03867 もう陽が射さなくなって寒い中を着膨れていました。

熱いお茶を飲んで、気になったラーメン屋さんズンドバー?に寄ってみるが、満員。あきらめて帰途につく。途中のラーメン屋さんも支度中で仕方なくそのお隣で熱いラーメンを食べ、厚木で若者と分かれ、鎌倉に帰りました。こんな静かな丹沢もいいものでした。

|

« 2008年末上州武尊山スキー | トップページ | ニセコアンヌプリ、イワオヌプリ山スキー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009年丹沢広沢寺から大山 霜柱ワンデリング:

« 2008年末上州武尊山スキー | トップページ | ニセコアンヌプリ、イワオヌプリ山スキー »