« 奥利根 洗ノ沢から笠ヶ岳 手小屋沢、大赤沢偵察 | トップページ | 七ツ小屋裏沢 »

2008年9月18日 (木)

聖岳夏合宿&差入れ隊

2008年8月28日~31日 朝7時半に鎌倉を出発し、新幹線で静岡へ。静岡駅でフルマキの出迎えを受ける。安倍川餅の差し入れをいただく。ありがとう!今回の夏合宿は南アルプスを縦走してくる現役に山中で出会い、差し入れをするプランなのです。静岡駅でオスタさん、チョボ、G君N君たちと合流し、山小屋隊のメンバーとも出会い、大型タクシーで畑薙ダムまで3時間。街中を離れ、小雨の中、大井川沿いの村落に茶畑が煙り、静岡の景色に見とれる。Dsc03689畑薙で雨の中を下山した現役3班とゴルバさんノリヘイさんと遭遇。 バスに乗り換え、椹島ロッジに到着。初めて南アルプス南部に足を踏み入れる。ログハウスの炊事場で夕食の準備。目の前に草原が広がり気持ちの良いところだが、あいにくの雨。オジイの差し入れの牛肉の味噌漬けをOB用に焼くフライパンがない!クマが網を見つけ、食堂のお兄さんにホイルをいただいて、ガスで焼いてみると美味美味!Photo

29日4時半に起床。餅入り雑炊を食べて6時半出発。

聖岳登山口にて全員集合。Photo_2 G君の芸術的な写真。朝日を浴びて聖岳登山の始まりです。Dsc03695

南アルプス南部は吊橋が多い! 聖沢吊橋の1本でクマが竿を出す。何と一投目に結構な岩魚がかかるが落としてしまう。残念!

Get

12時上部の沢合流地点で本格的に竿を出す。岩魚3匹ゲット。メンバーは先に聖平テントサイトに入って設営してくれました。聖平小屋は親切でクッキーとお茶が用意してある。テント地使用料も安く500円。13時にビールで乾杯。雨が降り始める。小屋泊まり隊も15時には到着してほっとする。Dsc03697

30日雨の様子を伺っていたが止んだので7時にサブザックで聖目指して出発。小聖で雲が奇跡的に切れ、富士山のシルエットが現れた。Dsc03700

8時40分雲の中の聖岳頂上。寒いよ~!お紅茶を飲んですぐ下山。小聖まで来ると雲が晴れ、形の良い上河内岳や聖光小屋が見える。お花畑の中を走って聖平へ。 10時前に小屋に着き、お茶をいただく。雨もOb降ってきたのでテントでお昼を食べ、ゆっくりしていると歌声とともに現役が到着。山の中で現役たちと会えるのは嬉しいものです。小屋のご好意で冬季小屋を使わせていただき、150周年記念ワンデリングの引渡し式をしました。オジイの差し入れのお肉を拾ってきたトタンの上で焼き、現役に喜ばれ、雨のテント生活をN君の新品テントで快適に過ごしました。

Photo 31日 晴れ 下山の日です。現役4班と共に6時半出発。1年生の女子が75Lアタックを背負っているのを見て、逞しいなと感心しきり。5月からヤブプランに2本も出ていると聞いて又感心しきり。Photo_2 1時半のバスに間に合うように結構なスピードで降りてしまいました。Photo_3 バスまでにN君はテントを干し、のんびり南アルプスの緑を楽しみました。バスで無事椹島ロッジに到着し、シャワーを浴びて生ビールで乾杯。快晴の椹島はM君の草原の側転が出るほど素晴らしいところでした。バスとタクシーで静岡に出ると、フルマキが待っていてくれました。安倍川餅のお土産までいただきました。ありがとう!

|

« 奥利根 洗ノ沢から笠ヶ岳 手小屋沢、大赤沢偵察 | トップページ | 七ツ小屋裏沢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聖岳夏合宿&差入れ隊:

« 奥利根 洗ノ沢から笠ヶ岳 手小屋沢、大赤沢偵察 | トップページ | 七ツ小屋裏沢 »