« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月 9日 (月)

十字峡から洞倉沢散策

2008年6月2日 新潟は晴れ。清水を9時に出て、十字峡に10時過ぎに到着。駐車していると単独行の方が降りてきて丹後山避難小屋に泊まって降りて来たとの事。渋い!

Dsc03578 林道にスノーブリッジがかかって、へ攣りながら通過。

しばらく行くと対岸に白糸の滝が山躑躅を抱えて美しい。この滝も上の雪が消える頃には消えてしまうのでしょうね。Dsc03572

Dsc03574 三国川は雪解け水を集めてゴルジュの音が半端ではありません。Dsc03575

丹後山登山道を分けて、林道を覆う雪渓。

洞倉沢との分岐で沢に降りる。このあたりでコシアブラの群落を発見。Dsc03576

30cm近い岩魚を釣り上げ、嬉しそう。

山ウドやコシアブラに雪を詰め、十字峡に戻る林道で初めて人に遭遇。三脚を持ったおじ様たちですが、あの雪を渡れたかしら、心配どす。

16時半に塩沢雲洞の鹿小屋でお蕎麦をいただく。水が良いのでしょう美味しいお蕎麦でした。お茶受けにウグイス菜というお漬物が山盛り出ました。シャキシャキと野沢菜のような菜でした。雲洞のお米も美味しいかったので分けてもらいました。頂くのが楽しみ。

関越から八王子を抜け鎌倉に着いたのが21時半、雨の夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

清水登川丸ノ沢

2008年6月1日 新潟は快晴。朝4時に鎌倉を出発し、6時前に圏央道に入る。関越も空いており、塩沢8時半。清水には9時に到着。

登川沿いの林道をぽこぽこ歩く。5月に来た時には雪景色だったのに、もう緑が濃い。清水峠への分岐手前で、今年初の岩魚に感激。

Dsc03556 Dsc03557 ウドとタラノメにも出会えました。登川上流で沢靴に履き替える。

対岸には雪が沢山残っているので、行ってみるとコゴミやクレッソン、蕗の薹まで6月なのに摘めました。

沢の日陰にDsc03560 シラネアオイの薄紫の花が浮かんでいる。その隣にはDsc03559  大きな葉の中から白い桜草のようなお花が、これは何でしょう?

余り見たことのないお花に出会えた登川でした。

丸ノ沢との合流地点の橋は流出していたので結構な水流に耐えて渡る。丸ノ沢を登っていくとかなり大きなスノーブリッジ、その向こうに太源太山が急峻な頂を見せている。Dsc03561 Dsc03565 Dsc03563 13時も過ぎ、河原でクレッソンの沢山入ったラーメンを頂く。

清水のクレッソンは天下一品。

素晴らしく鮮烈な香りと苦味です。

Dsc03566 Dsc03567 沢を下って、滑って背中まで濡れながら清水に帰りました。

上田屋の夕食は山菜三昧。初物の根曲がり筍まで焼いてくださいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丹沢・原小屋沢の新緑

2008年5月末 快晴、初夏の日差しがまぶしい。所要で座間まで来ているのだからと、丹沢の沢登りをしてみようと原小屋沢に向かう。

Dsc03553 1年ぶりの沢靴に足を入れ、原小屋沢に足を浸す。初夏の陽気に心地よい冷たさ。

雷平のすぐ下で沢歩きを終了する。もう15時半。先日の台風の影響か丸木橋が2箇所流されていました。

美しい山ツツジや、山アジサイに迎えられ、新緑を堪能することができました。

Dsc03554 Dsc03555

卯の花が咲き誇って、初夏を満喫。

16時過ぎまで沢で遊び、帰途につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »