« 3月の鍋倉山スキー | トップページ | 越後駒山スキー&湯之谷山菜採り »

2008年3月26日 (水)

3月の乙妻・高妻山スキー

2008年3月22日 戸隠大橋1100m7:00-佐渡山鞍部1530m8:30-氷沢高地1400m8:40-乙妻・高妻山鞍部2230m13:15-氷沢高地1400m14:30-佐渡山鞍部15:30-大橋16:30 

快晴。朝4時半に起き、グレープフルーツとパンを頂き、紅茶をテルモスに詰めて5時半戸隠大橋に向かう。バードラインから飯縄に入ると途中の霊仙寺湖は凍っている。雪の戸隠山が朝日に美しい。6時半戸隠大橋にはもう5台停まっている。凍っている空き地に駐車。Dsc03465_2  7時シールをつけて落葉松林の中を出発。

5月の連休に来たときは私達だけでしたが、今回はトレースが沢山ついている。林道をひたすら沢の曲がるところまで歩く。40分で赤布のある渡渉点はまだ雪に覆われ、佐渡山と1533mのコルまで少し沢沿いにトラバースしてから尾根に取り付く。8時半コルからシールのまま氷沢川高地に降り、高妻と乙妻山のコルから派生する北東尾根に取り付く。その南側の沢を前回5月は詰めたが、今回はデブリで埋まっている。かなりの急登に大汗。Dsc03466 ブナの林の中を縫ってジグザグ。派生尾根に出るが結構狭く、雪庇に寄らないよう樹につかまったり、樹の間を抜けていく。小さなコブを何回か乗り越え、Dsc03467かなり消耗するが、妙高がすぐ近くに見え、雨飾山が見えてきて和む。

13時15分ようやく2297mの高妻・乙妻山のコル到着。無風で初夏のような高妻山頂。Dsc03468 Dsc03470 妙高が手に取るように。人が見える乙妻山頂。

渡渉点で遭った若者二人組も到着、彼らは私達の登ってきた尾根斜面から乙妻の北東沢を狙って滑るそう。私達は乙妻北東沢にドロップイン。Dsc03472

素晴らしい斜面が続くが、もう足がガタガタで踏ん張れません。靴は脱げそうだし、雪に刺さるし、後傾するとまくれるし、転んでばかりの私でした。Dsc03473 Dsc03474

こんなに良い斜面が続いたのにもったいないこと!!この次は体力消耗しないよう氷沢高地宿泊がいいです。

Dsc03475 Dsc03476 2時半には氷沢に降り、北東尾根を巻き、土まで出ているデブリ後を突ききり、氷沢高地をひたすら歩く。途中の雪解け水の美味しかったこと。

佐渡山のコルに登り返したのが3時半、またさっきの二人組に会いましたが、彼らはコルからあっという間に落っこちていきました。樹林の中の尾根を滑って尾根先まで行きすぎ、クマに呼び戻され、渡渉点まで担いで、ようやく林道に出て、4時半に駐車場到着。9時間半のロングツアーが終了しました。アー疲れた!!クマの足は靴ヅレで穴が開いて、累積標高差1400mはちときつ過ぎました!

|

« 3月の鍋倉山スキー | トップページ | 越後駒山スキー&湯之谷山菜採り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月の乙妻・高妻山スキー:

« 3月の鍋倉山スキー | トップページ | 越後駒山スキー&湯之谷山菜採り »