« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月 1日 (月)

清津川 セバト川遡行 ガランノ沢下降

2007年9月15日 快晴 4時半鎌倉出発

Cimg9948 オーウチと鎌高前で、タケと高崎で落ち合う。8時半三国山荘で沢支度。ペタさんに帰りの三国スキー場までの車をお願いする。9時半苗場スキー場から赤湯林道終点。ここから暑い赤湯への登りです。10時10分鷹巣峠。もう汗だくで着きました。11時赤湯。11時20分清津川で一本。

Cimg9954 KUMAは竿を出すが、残念!広い河原の渡渉を繰り返しながらセバト川を探す。Cimg9956 12時20分セバト川出合。左に滑滝らしき美しい沢が見える。清瀬川本流は左に蛇行している地点からセバト沢遡行はじまりです。13時10分美しい2段の緑の滝に出会う。快適な沢旅です。苔が美しく輝いている。美味しい水Cimg9959_2 

Cimg9961

所々に鉄色の水。魚はいない

Dsc03223

Cimg9969

Cimg9973 14時半下の二股。 15時半幅広の滝。Dsc03229 Dsc03230 赤石のゴーロ地帯を抜け、16時半に二股に到着。テン場を探す。Dsc03235

一段高い笹の上に張る。

Dsc03232 薪を集め、まず焚き火。9月とは思えない暖かい夏の夕暮れ。沢で冷やしたビールで乾杯!夏野菜のサラダ、チーズ、ズッキーニとトマトの大蒜オリーブ油。カレーをいただく。19時半もう眠くなってくる。笹の上のテントは快適です。

9月16日快晴 4時半起床Dsc03238  6時35分上の二股。7時12分二股。

8時半大滝下。上に出て、振り返ると筍山が見える。Dsc03242 8時45分滑滝。Cimg9989 Cimg9991 9時半セバトの頭の稜線にでる。根曲がり竹のヤブ漕ぎで地図読みしながら鞍部まで出る。

Cimg9993 稲包山から三坂峠の稜線がすぐの尾根につづいているのを特定し、10時に鞍部からヤブに覆われたガランノ沢に入る。

Cimg9995 11時ガランノ沢は水を集めてくる。Dsc03246

12時滝の横をザイルで降りる。Dsc03249

13時大きな岩の間を抜け、ザイルで巻き降りる。

14時関谷Dsc03250落っこちの丸木橋に到着。休んでいると稲包・三坂峠道標方面から、KWV稲包隊が到着。なんという奇遇!

結構きつかった沢旅もノリヘイさんやトクセイさんのお顔を見てほっとしました。可愛い現役の1年生にも会えたし。

Cimg0004 14時半ちょうちん岩の見える三国スキー場到着。新弥さんたちが車で迎えに来てくれている。ペタさんとKUMAは赤湯林道に車の回収に。私達は新弥さんに雪笹の湯に送っていただく。サーこれから山荘祭です。

私はトクセイさんの歌声を子守唄に20時には眠ってしまいました。

9月とは思えない沢旅が出来ました。一緒に行ってくれた仲間、出迎えてくださった先輩、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »