« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月 7日 (金)

クワウンナイ川遡行

2007年8月30日 快晴 14時半鎌倉発、17時に羽田でエンチョーと合流。

19時半帯広空港でオー君と30年ぶりの邂逅。オー君のかっこいいハイラックスで新得・屈足のエンチョーから聞かされていた平和園へ。ジンギスカン10人前を注文する。エーッそんなに食べるの?焼肉屋さんのノリで食べます。P8290059 P8290058 P8290060

すぐ近くのオー君ち。オー君が作ったログハウスで明日の山行の準備を始める。奥様が優しくメロンを切ってくださる。

8月31日4時起床。美味しい自家製のトマトをほおばり、サンドイッチをいただく。準備しているうちに夜が明け、オー君ちを見せていただく。広大なお庭がきれいに植え付けされ、姫リンゴ、胡桃、梨?実りの秋を待っている。とうもろこし、ジャガイモ、お豆の畑も、バラが美しく咲く花壇もあり、その中に五右衛門風呂と、遊び室が離れに作ってある。全部自分で作ったそうです。オー君スゴーイ!

快晴。狩勝峠を通り、富良野には入ると十勝岳、美瑛富士が見えてくる。Dsc03122 美瑛駅前でレーションを買い、天人峡へ。トンネルを抜けると駐車場があり、4台ほど駐車してある。一応9月1日に予約してある天人峡グランドホテルに寄り、確認する。8時忠別川沿いの駐車場で沢の支度をする。クマが偵察に出てくれて入渓地点を確認。体操して、車に鍵を掛け8時40分林道へ。

すぐにクワウンナイ川入渓注意の看板。15分ほど踏み跡をたどるとポンクワンナイ川との二股に降りる。Dsc03124 サーいよいよ憧れのクワウンナイ川です。

Dsc03126 膝上ぐらいの水位で、ほっ。Dsc03127 Dsc03128 10時40分ゴルジュを巻く。

お腹が空いたが、まだまだ続くゴーロ

Dsc03129 11時40分大きな中州で1本。12時40分階段状滝で1本。14時半のどをへつる。P8300063 15時過ぎると疲れたのか前に転んで弁慶の泣き所を思いっきり打つ。ギャーッ。ジャブジャブ冷たい沢で冷やす。クマは釣り始める。P8300065 P8300066 オーイ入れ食いだよ!オー君もやってミッカ?

と、オー君は一番の大物を釣り上げてしまった。きれいな赤い斑点の岩魚。

ながーい川歩きもようやく終わっDsc03130 たのが、16時半。カウン沢との出会いのテン場に到着。早速テントを張Dsc03132り、薪拾いして焚き火を起こす。テント4張りは張れる木の間の場所だが、前回使った人の後始末が悪く、ボトルなどが捨て置かれている。焚き火で4匹の岩魚を塩焼きにし、夏野菜サラダ、豚鍋を作る。 残りの岩魚はムニエルにしてレモンを絞る。オイシーイ!

9月1日 快晴 4時15分起床。餅いり雑炊とグレープフルーツ。テントを畳み、整地。体操をして7時いざ、クワウンナイメインに挑む。クマは魚止めの滝の前に釣っておこうかな?Dsc03137 Dsc03138

下の岩魚より赤いオショロコマが瞬く間に4匹。Dsc03139

柱状節理の岩肌をみせるクワウンナイ。Dsc03141 7時50分魚止めの滝。手前のテンバにはまだ焚き火が。

Dsc03146P8310073 8時滑滝十三丁に突入。朝日に輝いている。 P8310080 Dsc03153 Dsc03158もう、みんな満面の笑み!

8時25分1170mの二股右手に滝を分ける。

Dsc03166

P8310078

Dsc03167 9時16分10mの滝Dsc03169 。ハングの滝。10時15分滝手前で最後の釣り。 Dsc03170 11時すだれ滝。

二股になり、上流部の流れになる。

Dsc03175 階段状滝Dsc03176

稜線が見えて、水が無くなるDsc03178 。踏み跡が続く。

12時50分。池塘のある神の遊び場。ここで沢靴Dsc03179を登山靴に替える。

巨岩の堆積する縦走路との合流点13時30分。ナキウサギの声。

雪渓のほとりに咲く白山小桜、イワイチョウ P8310096

Dsc03182 P831009714時45分天沼。15時半ヒサゴ沼に降りる雪渓。9月とは思えない量です。トムラウシ山頂はカットしてよかった~!すごい雨が降り出す。ヒサゴ沼避難小屋へ逃げ込む。先着の7名が1階と学生4名が2階でくつろいでいる。びしょびしょの雨具を干し、板の間で荷物を解く。Img_0004 夕食はいろいろ夏野菜のソテーといろいろカレー。しかし、お米を炊くともうガス欠。ぎゃ!どうしよう。奥の先着の4人はナントからガスをつけてストーブ代わり。これは何とガスが余っているらしい。そっとお願いすると他の方たちからも親切な申し出。頂いたガスで4匹の岩魚をソテーしてガスの御礼にする。とても喜ばれた。6時に外に出るときれいな夕焼け。相部屋の3人組は魚止めの滝からの人でした。札幌の人で天気に恵まれたクワウンナイを喜んでいました。昨年はもっと水量の多い7月に来たそうです。その夜の小屋はいびきの四重奏!もうッルッセ!

Dsc03185 ヒサゴ沼の朝の景色。5時起床。2階はもう出立。朝ごはんを食べ、昨日の雪渓の下に水汲みに行き、天人峡目指して6時半出発。Dsc03190 Img_0003 トムラウシを後ろに、お花畑を歩く。Img_0001 Dsc03193 7時半化雲岳1954m山頂。ハウルの動く城です。天辺まで岩登りのクマ。最高の展望で夕張岳から日高の山まで見える。

Dsc03195

P9010105 旭岳の岩肌まで見える。十勝岳、美瑛富士も。 雄大な北海道の山々。黄金が原もイワイチョウが黄色く染まっていました。Dsc03206 Dsc03204 Dsc03200

P9010107

Dsc03207 旭岳を前にエゾリンドウの咲く第一公園に11時Dsc03210 Dsc03211。ここからきのこ採りに。。。

12時55分羽衣の滝展望台。 13時40分天人峡到着。よく歩いたものです。

天気に恵まれ、ついに憧れのクワウンナイ川を遡行できました。エンチョー、オー君ありがとう!またトムラウシ山周辺の沢を歩きたいものです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »