« 南八ヶ岳縦走夏合宿 | トップページ | クワウンナイ川遡行 »

2007年8月21日 (火)

丹沢・悪沢

2007年8月12日快晴

5時半に稲村集合。急にあまりの猛暑に懐かしの世附川に行こうということになり、若者4名とチビ一人7人で丹沢に向かう。134号線はまだ混まないうちに相模川を渡り、小田原から丹沢湖に向かう。途中、入道雲が現れ、山は隠れている。先週の金曜日は富士山まで見えたのに。

そんな雲も消え、世附につく頃には快晴に。あちっち。6台ほど駐車している。シャリアピンステーキとポテトサラダは冷蔵バックに。赤ザックはスイカが一玉入っているので超重い。慎が担ぐ。祐はチビを担ぐが、チビは初めての山歩きで荷台の上でもがいてる。

7時半林道には入る。クマは入漁券を購入。まだ朝早いので日陰が涼しい。

10年以上前に、小学生だった彼らと来たときにヤマメを捕まえた淵でまた泳ぐ。

Dsc03083 慎がもぐって、岩の下に追い込んだヤマメをゲット!

形のよい美しい色のヤマメ。

チビも冷たい水に平気でバチャバチャ入りっぱなし。

サア、身体も静まったところで、悪沢出合まで一歩き。

Dsc03085_2 Dsc03086

9時半悪沢出合の淵で泳ぐ。

ヤマメが泳いでいるが、難しい。

Dsc03088

父クマもやっぱり僕も捕まえたいと、果敢に滝の下にもぐる。

ヤッター!また、美しいヤマメをゲット。

母クマはすぐに捌いて塩して、焚き火。石焼のお肉もあるし。。。

10時半には十分熱くなった石でバゲットを焼き、ポテトサラダの前菜、シャリアピンステーキのやわらかかったこと。ヤマメの美味しかったこと!チビも「お魚美味しい」ってパクパク。お腹もくちくなったので悪沢遡行へ。

倒木の重なる堰堤を抜け、悪沢へ入る。涼しい広葉樹の林の中にきらきら沢が走っている。20分ほど遡行すると右手に30mの滝が落ちている。どこが水源なのかしら?

本流をしばらく行くがKUMAの釣竿にはかかってくれない。もう日も高いし、時間帯が悪かったかな。あきらめて引き返す。

若者二人がお昼寝中。スイカが割ってあるので、美味しくいただく。チビが眠くなったらしく先に林道を歩いているとのことなので、焚き火の火を消し、きれいに後払いして岐路につく。車のところでチビたちが待っていた。246号線が少し混んでいたが、金田川沿いの道を平塚まで順調に帰る。1号線の混雑を抜け、辻堂から鵠沼を通って、鎌倉に17時到着。おばあちゃんのカレーを皆でいただいた。

やはり真夏の沢は気持ちよかった!

|

« 南八ヶ岳縦走夏合宿 | トップページ | クワウンナイ川遡行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丹沢・悪沢:

« 南八ヶ岳縦走夏合宿 | トップページ | クワウンナイ川遡行 »