« 再び乗鞍岳スキー&山菜摘み | トップページ | 棒沢・むらき・同期会 »

2007年5月29日 (火)

奥多摩・石津窪 沢登り

2007年5月26日 晴れ

朝5時前に鎌倉出発。7時半にタケと五日市駅前で待ち合わせ。藤沢町田線で北上し、246のあと16号に入り、八王子からあきる野、五日市に7時過ぎに到着。タケが電車で寝過ごしたらしいので、盆堀川調査行へ。黒茶屋とか言うかやぶき屋根の料理屋さんの横を入っていくと採石場まで林道が続いている。タケにメールしようと思ったら圏外なので、駅に引き返す。駅でオジイに遭遇しました。今日はKWV三田会の奥多摩プランなので先輩たちが続々と集まって、チーフリーダーのオジイは素晴らしい活躍です。Pierre Marcolini のチョコを一箱差し入れて頂きました。あきらさんありがとうございます!Isidukuboin

Dsc02977 9時過ぎにタケに会えて、今日は石津窪1っポンいそいそと盆堀川林道へ。途中から舗装がなくなり、昨日の雨の名残の水溜りを避けながら、千が沢との二股に駐車。10時15分遡行開始。タケは昨日送別会で3時まで飲んでいてそのまま来たとか。それは寝過ごしますよね。若いな~!寝ないで来ちゃうのですもの。

千ケ沢との分岐に注意して石津窪を特定して下降し、緑の石津窪へ。Dsc02975 Dsc02976 コケが雨に洗われて美しく光っています。もう谷空木も満開。

初めのへつり。Dsc02978 Dsc02980 Dsc02981

11時過ぎに8m滝Dsc02983 。KUMAが直登するも、かなりの高度感があるので、ザイルを出してもらう。

ようやくつま先を引っ掛け、両手でささえ、突破。ホッ!Dsc02985 Dsc02986 簡単そうに見えるけどなかなか手強い滝です。

12時25mの大滝に到着。右から巻くがザレザレの土で、どうしても潅木のあるほうに逃げてしまう。尾根まで上がってしまい、沢までまた潅木を伝っておりる。Dsc02987

Dsc02988 倒木帯を過ぎ、小滝の連続を越える。

13時過ぎに縦走路に出る。ここから市道山頂上まで結構なアップダウン。14時に頂上。踏み後程度の道を千ケ沢林道を目指して降る。14時45分駐車場着。15時に秋川河川公園に集合なのだが、間に合いそうもない。15時半集合地。残念ながら手打ち蕎麦は終わっていたが、ナント、エンチョーが自転車で到着していた。140人ものワンダラーと山の歌を歌って、今日の緑美しい山を思った。いくみとネスケと瀬音温泉に行く。新しい施設で、滑滑のお湯。露天風呂にも浸かり、食堂で、鯛の木の芽すし、てんぷら、山うどの酢味噌和え、春ナスの炊き合わせ、合鴨をいただく。お昼がカレーパン一個だったので美味しかった。タケは寝過ごさないで無事帰ったかしら?

|

« 再び乗鞍岳スキー&山菜摘み | トップページ | 棒沢・むらき・同期会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥多摩・石津窪 沢登り:

« 再び乗鞍岳スキー&山菜摘み | トップページ | 棒沢・むらき・同期会 »