« 乗鞍岳山スキー | トップページ | 奥多摩・石津窪 沢登り »

2007年5月29日 (火)

再び乗鞍岳スキー&山菜摘み

2007年5月20~21日天気晴れ  

20日日曜日の早朝3時半に二人で鎌倉を出発。三本滝に8時発の山スキーバスに間に合うように飛ばします。5時に相模湖インター。中央高速を早朝の光の中を走ると真っ白な富士山が、八ヶ岳が、南アルプスが飛び込んできます。鳳凰三山にも雪。土曜日の雨が山では雪だったようで、また雪をかぶった山々が輝いています。Dsc02950 ひょっとしたら今日の乗鞍は新雪!?7時松本。7時半乗鞍高原三本滝。スキーバスが位ヶ原まで連れて行ってくれるはずでしたが、路面雪凍結のため運休とのこと。ア~!スキー担いで登らなきゃ!連休にお世話になった位ヶ原小屋に寄るのはあきらめ、2時間余分の登り。結構なおじ様たちがもう登り始めています。8時雪の消えたゲレンデをスキーを担いで登っていくと蕗の薹がいっぱい。急登の切り開きを抜けると雪がついているのでシール登行に。Dsc02951 10時半に位ヶ原。樹林帯を抜けるとすごい風。連休に行った飛騨乗越の風がずーっと続いている。Dsc02952 肩の小屋に11時半。小屋は開いていなくて、風除けに吹き溜まりの中に入ってコーヒーを飲む。埼玉から来た若者がアイゼンの用意をしている。もうカチカチの斜面。クラストした斜面では面白くないし、酷い風で二人だとモチベーションも沸かなく、ここからスキーをつけることにする。Dsc02955 12時スキー滑降開始。カチカチの後はモナカ雪。あっと言う間に位ヶ原へ。Dsc02956 Dsc02959 もうべたべた雪でオモーイ!15分で春山に下りてきてしまいました。

蕗の薹を摘んで、16時過ぎにオレンジペコへ。露天風呂をゆっくり楽しみました。

5月21日今日は9時半からオレンジペコのお母さんと山菜摘みに出かけるので、その前の朝の散歩で、蕨とコシアブラを少し見つけてきた。軽トラックの荷台に大型犬二匹とKUMAが乗る。Dsc02971 山に入るとこの犬たちボスとクッキー?は急斜面も平気で駆け上がるし、駆け下りる。山が大好きという駆けっぷり。おーい私の足場が悪いんだからぶつかってこないでよ!

急な尾根を登るとそこは蕨とタラノメとハリギリの宝庫。摘んでも積んでも上に行くとまた出現。リュックも重くなり、尾根をトラバースして沢筋へ。ボスたちは沢が大好きで沢にお腹から浸かって、転げまわってる。 Dsc02972 Dsc02970_1 沢筋では、コゴミ、ミヤマイラクサ、モミジガサ、クレッソン。ここのコゴミは立派でした。ミヤマイラクサは初めての収穫。家でさっと茹でてお浸しにしたらとてもイラクサとは思えない上品な味でした。14時過ぎまで収穫し、お母さんのリュックの重いこと!さすがプロです。お昼ご飯もまだだったので御池へ。

御池でも、コゴミの胡麻和え、蕨のおひたし、岩魚の中骨揚げ。蕎麦のコロッケを山葵と一緒に頂き、盛蕎麦とともに美味しく、山の幸を堪能しました。

15時半にオレンジペコに帰り、温泉を浴びて、山菜を仕分けして新聞紙にくるみ、16時帰宅の途につく。途中のアップルランドで、信州新町の羊を酔園を仕入れ、いざ鎌倉。17時半松本。20時相模湖。22時に鎌倉でした。早速蕨を束ね、いただいた暖炉の灰であく抜きをして、水にさらしました。翌日の夕食は山菜尽くしで、酔園を美味しく頂きました。

|

« 乗鞍岳山スキー | トップページ | 奥多摩・石津窪 沢登り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再び乗鞍岳スキー&山菜摘み:

« 乗鞍岳山スキー | トップページ | 奥多摩・石津窪 沢登り »