« 雨飾山、金山、妙高夏合宿 | トップページ | サゴイ沢遡行 »

2006年8月 7日 (月)

入川本流、大荒川谷遡行

2006年8月5日晴れ 大荒川谷リベンジプランを実現しました。

朝4時にタケと一緒に鎌倉を出発。今回は狩場、八王子経由中央道に入り、雁坂道道の駅に7時着。黒文字橋に折りたたみ自転車をデポし後半のロード歩きの省略を図った。

入川釣り場に駐車し、支度をして8時半出発。7月に来た森林軌道を軽快に歩き、9時過ぎに赤沢出合に到着。Dsc02626 快晴の今回はここから入渓する。

Dsc02627 入川本流は水量が多く、流れも速い。釜のへつりも顎まで浸かり、浮いてしまう。写真を撮る暇もない。ゴルジュを高巻いてザイル下降。ハーネスが役立った。

2時過ぎにようやく金山沢出合に到着。睡眠3時間の強行軍は応えます。

Dsc02629 金山沢に入り、2時間ほどで庭園風河原のテン場発見。すぐに薪を集め焚き火。その間にKUMAは岩魚と遊びに上流へ。

ビールもワインも冷やし、ウコッケイのプリンも冷やす。

まず一匹めはオレンジ色した卵の入った27センチの岩魚でした。これはみそ焼き。玉ねぎサラダとブルーチーズのカナッペを作っているうちに第二段は骨酒用と人数分の岩魚。日本酒を温め、燻された岩魚をジュ。岩魚を丸ごとほおばり、最後はキーマカレーで締めました。もう眠たいよー!!コーヒーを飲んで8時には就寝。

朝5時前におき、6時半テンバを出発。今日も晴れているが水が冷たい。

Dsc02643 7時15分ゴンザの滝到着。迫力です。ここは右に高巻く。ふみ跡があり軽快に滝上に降りるとテントの4人と遭遇。まだテントもたたんでいない。山屋さんにしては随分ゆっくりです。十文字峠道から来たのかな。

Dsc02646_1 2段の滝の後はゴルジュです。暗峡!

ここは右に高巻いたが柳小屋への山道はわからなかった。

Dsc02647 8時半小荒川谷との出合。滝の連続で、Dsc02650 3つ目の美瀑には緑の滝と命名。

美しい原生林と苔むした岩の緑の滝です。

気の抜けない滝登りが続きます。

Dsc02659 岩と草つきと木の根に助けられました。

ナメ滝、美瀑が続きます。飛瀑を浴びなDsc02661がらの登攀は快適です。11時に二股。

12時に三俣に出る。一番左の沢をとり雁坂嶺への尾根に突き上げる。途中で湧き出している清冷な水を汲み、左のザレ場と沢の上流部との間のコケ付き尾根筋が歩きやすい。

ヤブ漕ぎもなく、13時半に尾根に出る。ここで運動靴に履き替え、雁坂嶺を目指す。登山道は歩きやすい。広い高原状の雁坂嶺(ここに孫四郎峠への道通行止めの標識あり、どこだろう?)を過ぎ、雁坂小屋に3時。小屋のおじさんにお花畑がオソン層破壊と鹿の食害で消えてしまったことを伺う。奥秩父の酸性雨の影響調査が行われたそう。3時出発。

樺の避難小屋までは1時間のトラバース道で下降していかない。もうレーションも食べ尽きた。沢に忘れてきたプリンが目に浮かぶ。ア~おなか減った!4時半に樺小屋。柳小屋のようなログハウスできれい。薪ストーブまであるが沢がない。17分で突出峠。ここもただの尾根道。5時15分に雁道場。どういう意味でしょう?ここに初めて黒文字橋への案内がある。懐電のお世話にならずに降りられそうだ。なだらかなよく開かれた山道で助かる。6時45分黒文字橋到着。もうこれ以上歩けません!

デポしてあった自転車にKUMAがまたがり、ヘッドランプをして入川駐車場へ。車道は快適だが、川又から入川釣り場までが悪路の登り。

7時半自動車のKUMAが迎えに来てくれて、一路白滝荘?の日帰り温泉へ。9時に出ると食事やさんはどこも閉まっている。仕方がないので山梨市のラーメン屋さんへ。ここも外れでした。先週のぬるいおそばといい、どうも秩父では外食がついていません。

中央高速に乗るとナント談合坂から小仏トンネル18キロ渋滞で、八王子まで110分、相模湖まで80分!タケの終電に間に合わないよ~!上野原でかろうじて降り、甲州街道を相模湖駅に驀進。11時22分の終電に間に合いました。タケは家に1時20分着。私たちも鎌倉に1時着。ナント12時間の山歩きと、4時間の運転。居眠りもせずによく帰り着きました。

|

« 雨飾山、金山、妙高夏合宿 | トップページ | サゴイ沢遡行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 入川本流、大荒川谷遡行:

« 雨飾山、金山、妙高夏合宿 | トップページ | サゴイ沢遡行 »