« 丹沢・青藤沢・塩水川 | トップページ | 鍋倉山スキー »

2006年5月 7日 (日)

栂池、白馬乗鞍、蓮華温泉、朝日岳山スキー

2006年4月29日 朝5時鎌倉出発。134号線は6時前だと空いている。平塚、伊勢原、七沢まわりで相模湖から中央高速、芦川村に8時到着。山菜と魚を求めて沢に入る。クレッソンとノビルをゲット。拓ちゃん、ネスケ、キャプテンと相模原テニス会の面々とテニスに興じる。焼き芋も美味しかった。夕方皆と別れて長野に向かう。18時半松代温泉到着。この鄙びた温泉がいいのです。温泉管理人は何と弥勒寺の人で大学の先生で、姥捨てにも山を持っているそうです。そんなにもっててどうするの?

4月30日 昨晩合流したチョボと朝7時に長野出発。8時半栂池ロープウェー乗り場で登山届け提出。栂池自然園で危険箇所等の注意事項を拝聴。9時半シールをつけて出発。

Dsc02530_1 10時半天狗が原到着。ヘリスキー組が続々来る。残念なことに青空に薄い雲がかかっている。11時半白馬乗鞍山頂着。風除けの岩陰でお昼。12時半白馬大池。

天狗の庭に滑降し、蓮華温泉の上の沢に滑り込む。シャーベット状の雪で滑りやすい。去年より雪が多い。13時半温泉着。前のベンチでビールで乾杯。そこに2人組が到着。なんと白馬山頂でテントならぬツェルト泊。柳又谷を1350mまで滑降し、赤男沢を登り、池付近で泊まり、朝日岳を滑降してきたそうです。昨年の私たちの小蓮華、白馬、柳又谷、雪倉滑降よりもっと下まで滑っている。すゴーい!大和魂だ。蓮華温泉を独占して堪能し、トンカツ、蕗の薹のてんぷらをいただく。雪が多くて行者にんにくのお浸しはない。ざんねん!

5月1日 夜の突風と雨と雷がすごかった。雨が心配だったが止んだので朝6時半に朝日岳を目指してKUMAと2人で出発。体調の悪いチョボは温泉三昧。

瀬戸川に下りるところで先行者あり。鉄橋の手前のスノーブリッジを越す。シールを利かせて登って行く。雨で雪足跡が消えている。登ったり降りたり、難しい地形。大きなダケカンバとブナの林を抜けるとすごい風となる。烈風に毛糸帽子まで飛ばされる。赤男山も五輪尾根もどこも滑降可能なほど雪が多い。白高地沢に向けて先行者のトレースをたどるが、1750m付近で雲行きも悪く烈風でストックで支えるほどになり断念。熊の足跡発見。10時半木陰でシールをはずし滑降開始。Dsc02536_1

ヒョウタン池に黄色いテント。白高地沢を3人が滑降してくる。気持ちよさそう。次回の楽しみにしよう。

瀬戸沢まで滑り降りる。11時おにぎりを食べ、濡れたシールを張り、急登だ。兵馬の平まで標識をたどる。13時に蓮華温泉着。チョボにビールをご馳走になる。

5月2日 雨と風の音。雨が止みそうにないので8時半木地屋を目指して出発。乗鞍沢の鉄橋はスキーを脱いで渡り、殆どトラバース気味に進む。標識がありがたい。スキーのまま急登し、熊笹の峠をのっこす。以前と違うルートのようだ。蕗の薹を摘む。ここで先行者の3人と別れ、ウド沢沿いに滑り降りる。白池でログキャビン発見。ここで私のストックの駒が外れて困った。テ-ピングテープで巻いて応急処置。13時半木地屋に到着。びしょびしょで新しいおそば所に入りストーブに当たる。地元の方の温かなもてなしに救われる。大所の山岸さんが車で栂池まで送ってくださる。栂池に入ると雨も止み、塩の道の歩く祭りを案内してくださる。栂池高原温泉(ロープウェー券割引で600円)に独占入浴し、長野に帰る。里は桜と若葉が美しい。もちろん小川村でにら、なす、野沢菜のおやきを求める。

長野で中華の華源に向かったが、何と先月東京の娘さんのところへ行ってしまったそうで、跡継ぎの中華料理はもう一つでした。ざんねん!

21時前の新幹線でチョボは帰京。ストックを残してくれました。ありがと!

|

« 丹沢・青藤沢・塩水川 | トップページ | 鍋倉山スキー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栂池、白馬乗鞍、蓮華温泉、朝日岳山スキー:

« 丹沢・青藤沢・塩水川 | トップページ | 鍋倉山スキー »