« 鍋倉山スキー | トップページ | 清水峠、五十沢山菜満喫プラン »

2006年5月 8日 (月)

乙妻山スキー

2006年5月4日 朝5時に長野を出発。6時に戸隠大池駐車場。大橋林道途中からシールをつける。結構長い林道歩き。

7時 七曲付近で鳥居川支流の上流部でスノーブリッジ渡る。ここから佐渡山と五地蔵山からの1678mとの鞍部の尾根に取り付く。尾根に赤布あり。尾根を乗り越すと大きなブナの林となり、前方に光り輝く高妻山が見える。

Dsc02555 8時 シールをつけたまま氷沢上流部まで太いブナの林を滑る。スノーブリッジを渡り、左岸沿いに沢をたどる。広い氷沢高地に出る。気持ちのよいテントサイト最適地。

9時 氷沢源頭部の乙妻山から出ている広い谷に入る。デブリ跡が不気味。

Dsc02569 シールを利かせて急いで登る。

10時 乙妻山が輝いている。

11時 1800m急斜面に入り、シール運びが慎重になる。私が右手尾根に取り付いてしまい、左手沢上を行くKUMAのところまで戻る。

11時50分 1980m 高妻山の岩峰がきれいに青空に映え、乙妻山のなだらかな姿が美しい。春山のシャーベット状ならどこも滑れそう。お昼を食べ、シールをはずす。

Dsc02557 Dsc02563今日はここから滑降。

気持ちのよい斜面!

雪の状態もよい。

12時半 あっという間にスノーブリッジ。シールをつけてブナ林の登り返し。

13時 シールをはずし、尾根を滑る。スノーブリッジを渡り、林道滑走が長い。

13時50分 駐車場着。アー疲れた!

高妻山は次回のお楽しみにしましょう。

|

« 鍋倉山スキー | トップページ | 清水峠、五十沢山菜満喫プラン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 乙妻山スキー:

« 鍋倉山スキー | トップページ | 清水峠、五十沢山菜満喫プラン »