« 栂池、白馬乗鞍、蓮華温泉、朝日岳山スキー | トップページ | 乙妻山スキー »

2006年5月 7日 (日)

鍋倉山スキー

2006年5月3日 快晴 今日は連休の中日で休息日。8時半に散歩に出かける。

長野から高速に乗り、飯山で降り、鍋倉山を目指す。斑尾、戸狩スキー場を過ぎ、温井に着くとボーダーが支度している。10時私たちもシールをつけ、林道を少し担いで雪の中に入る。林道沿いを雪を拾って登ると池のほとりの広い雪原に出た。

Dsc02549_1 林道除雪してあるところまでシャトルバスが出ていて雪原散歩の人が歩いている。山の端に小屋が見えるのでそこを目指す。鍋倉山荘で、数名と2匹の犬が深雪で傷んだ小屋を修理していました。なんて素敵なところにある小屋でしょう!最短ルートを伺い、沢沿いに大きな柳の木と一本杉を目指しました。ここから尾根に取り付きます。Dsc02542_2

散歩気分はどこへやら、ジグザグ登攀を繰り返し、30分で尾根に出ました。ここからは素晴らしいブナの林の登り。

12時半に頂上到着。ちょうど森林限界を超えている。

Dsc02543_1 頂上からの展望はパーフェクト!妙高、火打山、雨飾山。北アルプスから苗場山、鳥甲山。谷川連峰、平が岳、越後駒に八海山。

眺望を満喫し、お湯を沸かして昼食をゆっくりいただく。

サア滑降。ブナ林の気持ちのよいザラメ雪の滑降で、Dsc02546_1 20分で小屋まで出てしまい、

小屋の人にご挨拶して、下る。林道沿いから雪斜面に入り、スノーブリッジの残っている沢を渡り、車まで滑って帰り13時。

ここは新雪の時もよい気持ちにさせてくれる斜面でしょうね。

お勧め山スキー散歩コースです。北光の特別純米酒(木島平産米)を求め、対岸に渡り馬曲温泉まで登り、眺望の露天風呂で汗を流し、帰りに素晴らしい桜の木を見つけました。Dsc02554

誰もいない境内に大木が満開のときをむかえていました。

アスパラ畑で太い採れたてを買い求め、ヨナヨナビールで乾杯。

飯山のうなぎの老舗の最後の客となり、うな丼ときゅうりの浅漬けに舌鼓。美味しい一日に感謝でした。

|

« 栂池、白馬乗鞍、蓮華温泉、朝日岳山スキー | トップページ | 乙妻山スキー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鍋倉山スキー:

« 栂池、白馬乗鞍、蓮華温泉、朝日岳山スキー | トップページ | 乙妻山スキー »