トップページ | 妙高・三田原山スキー »

2006年2月20日 (月)

上州武尊スキーツアー

2006.2.18-19

快晴の上州武尊スキーツアー。メンバー5人で朝10時に星亭を出発。

3本のリフト最高部からシールを付け11時に登攀開始。日光白根山から庚申皇海山の稜線をバックに大汗をかいて12時前武尊到着。昼食。遠くの富士山から北アルプス、尾瀬至仏山、燧岳。谷川連峰の横、目の前に剣が峰。最高の展望でした。Photo_4

剣が峰とのコルまでトラバースし、荒砥沢上部から尾根樹林の中をトラバースして十二沢へ。ここからようやく山スキーの本領発揮。この尾根のっこしは無駄な苦労のようでした。

最上部リフト2機を再び登り、今度はスキーを担ぎ上げて、再度十二沢にドロップイン。ゲレンデ上部には出ずに、林道まで最高の十二沢スキーツアー。

林道歩きも楽しい帰りでした。Photo_5

大量の夕食を平らげ、美味しいワインを飲んで9時半には就寝。

19日もまた快晴。今日も前武尊までつぼ足でスキーを担ぎ上げ、40分で山頂。11時から滑降開始。前武尊からトラバースで裏剣が峰と家の串山のコルで荒砥沢にドロップイン。雪は東斜面の太陽を浴びでゆるくなっていたが、最高の斜面。Photo_6

途中、荒砥沢上部のクーロワール急斜面が吹き溜まりで要注意。急いで降りる。そこを抜けるとまたまた山スキー絶好の明るい斜面。沢沿いに快適に飛ばして、ついに林道に到着。12時15分。

Photo_7 小鳥のさえずるのどかな雪の原でおにぎりを頬張る。美味しい!

林道をシール登行で1時15分にゲレンデに出る。

星亭までスキーで下り降り、荷物を車に積んで、花咲の湯で汗を流す。まだ新しい露天風呂のある広々とした施設で、宿で割引券をもらって一人400円。美味しかった片品納豆も売店にありました。

行きも鶴ヶ島から渋滞でしたが、帰りも沼田から渋滞情報なので、17号線を走り、途中でタケお勧めの永田食堂のモツ煮を購入。この感想はまたの機会に。

渋川で関越に入り、圏央道経由で16号線に入り、近藤家ラーメン(とんこつ味噌?)を食して、21時に鎌倉に帰り着きました。

天気とメンバーに恵まれ、笑みこぼれるスキーツアーでした!ありがとう!

|

トップページ | 妙高・三田原山スキー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上州武尊スキーツアー:

トップページ | 妙高・三田原山スキー »